Property

多くがスクリプトにすでにあるメソッドの再実装となっているが、こちらを使用する場合、パラメータが hidden かどうかは気にしなくなくてもよい。

Property.getParamDef()

getParamDef(property: Property): ParamDef;

エフェクトのパラメータの詳細を得ることが出来る。

Property.getPropertyParameters()

getPropertyParameters(property: Property): string;

内部的には、 Property.getParamDef() を呼び出しているだけ。ドロップダウンメニューのパラメータの文字列を取得する。 Dropdown Menu Control が追加され、それに対し Property.setPropertyParameters() も実装されたが、メニューの文字列が取得出来なかったため応用範囲も限られていた。

参照: Property.setPropertyParameters()

Property.getValue()

getValue(property: Property, options?: { time?: number; preExpression?: boolean; }): ValueType;

マーカー、テキストドキュメントを扱えない以外はスクリプトと同等。 hidden 属性のパラメータにも適用できる。

Property.setValue()

setValue(property: Property, value: Readonly<ValueType>, options?: { time?: number; key?: boolean; }): void;

マーカー、テキストドキュメントを扱えない以外はスクリプトと同等。 hidden 属性のパラメータにも適用できる。

Property.getValueAtKey()

getValueAtKey(property: Property, ketIndex: number): ValueType;

マーカー、テキストドキュメントを扱えない以外はスクリプトと同等。 hidden 属性のパラメータにも適用できる。

Property.setValueAtKey()

setValueAtKey(property: Property, value: Readonly<ValueType>, keyIndex: number): void;

マーカー、テキストドキュメントを扱えない以外はスクリプトと同等。 hidden 属性のパラメータにも適用できる。

Property.getKeyParameters()

getKeyParameters(property: Property, keyIndex: number): KeyParameters;

スクリプトと同等。 hidden 属性のパラメータにも適用できる。

Property.setKeyParameters()

setKeyParameters(property: Property, keyIndex: number, params: Readonly<KeyParameters>): void;

スクリプトと同等。 hidden 属性のパラメータにも適用できる。

Property.isModified()

isModified(property: PropertyBase): boolean;

値がデフォルト値から変わっているかどうかを取得する。

Property.isHidden()

isHidden(property: PropertyBase): boolean;

パラメータが隠れているかどうかを調べる。

Property.setHidden()

setHidden(property: PropertyBase, set: boolean): void;

パラメータに hidden 属性を付加ないし除去する。あまり勝手にやるのは行儀が良くない。

Property.getExpression()

getExpression(property: Property): string;

エクスプレッションを取得する。 hidden 属性のパラメータにも適用できる。

Property.setExpression()

setExpression(property: Property, expression: string): void;

エクスプレッションを設定する。 hidden 属性のパラメータにも適用できる。

Property.userChangedParam()

userChangedParam(property: Property): void;

対象のエフェクトのあるパラメータに対して、 PF_Cmd_USER_CHANGED_PARAM コマンドを発火させる。パラメータには PF_ParamFlag_SUPERVISE フラグが付されているものがあり(よくあるのはボタンやドロップダウンリストでプリセットを選択させる形式のもの [1] )、このパラメータが変動した際に、イベントが発火するようになっている。そういったパラメータに対して、能動的に発火させる。

参照: PF_Cmd_USER_CHANGED_PARAM 参照: PF_ParamFlag_SUPERVISE

Property.clickButton()

clickButton(property: Property): void;

内部的には、 Property.userChangedParam() に同じ。ボタンかどうか確認した後に発火させる。

Property.saveCustomValue()

saveCustomValue(property: Property, file: File, options?: { time?: number; preExpression?: boolean; }): void;

PropertyValueTypeCUSTOM_VALUE のパラメータのデータをバイナリとしてファイルに保存する。

  • TypeScript
  • JavaScript
(() => {
    const comp = app.project.activeItem;
    if (!(comp instanceof CompItem)) {
        return;
    }

    const properties = comp.selectedProperties.slice();

    for (const property of properties) {
        if (property instanceof Property && property.propertyValueType === PropertyValueType.CUSTOM_VALUE) {
            const file = new File(`${Folder.desktop.absoluteURI}/${property.name}_${Date.now()}.dat`);
            Atarabi.property.saveCustomValue(property, file);
        }
    }
})();
(function () {
    var comp = app.project.activeItem;
    if (!(comp instanceof CompItem)) {
        return;
    }
    var properties = comp.selectedProperties.slice();
    for (var _i = 0, properties_1 = properties; _i < properties_1.length; _i++) {
        var property = properties_1[_i];
        if (property instanceof Property && property.propertyValueType === PropertyValueType.CUSTOM_VALUE) {
            var file = new File("".concat(Folder.desktop.absoluteURI, "/").concat(property.name, "_").concat(Date.now(), ".dat"));
            Atarabi.property.saveCustomValue(property, file);
        }
    }
})();

New in version 0.4.0.